東京大学グローバルCOE 生体シグナルを基盤とする統合生命学
ホーム > 研究ハイライト > 染色体を形づくるための普遍的な制御機構を発見

染色体を形づくるための普遍的な制御機構を発見

(Kenji Tada, Hiroaki Susumu, Takeshi Sakuno & Yoshinori Watanabe.
Condensin association with histone H2A shapes mitotic chromosomes.
Nature, 474, 477-483 (2011))

染色体が分配されるときに、動原体が正しくスピンドル微小管によって捕らえられることが重要です。また、染色体が絡まることなく正しく分かれるには、染色体の腕部が‘縮む’ことが重要です。コンデンシンは、染色体を凝縮させる働きをするタンパク質として知られていました。本研究では、コンデンシンが染色体中央部の動原体に局在することによってコンパクトな動原体の構造を構築し、スピンドル微小管が正しく染色体を捕らえることを保証していることを明らかにしました。また、コンデンシンが染色体DNA上に均一に存在するヒストン複合体の一つのタンパク質H2Aを足場に局在することを発見しました。一方、オーロラキナーゼもまた染色体の形を制御する重要なリン酸化酵素タンパク質ですが、その標的は長い間不明でした。本研究で、コンデンシンがオーロラキナーゼによるリン酸化の標的で、このリン酸化に依存してH2Aとの結合が促進されることを明らかにしました。さらに、染色体の分離が起きるときには、オーロラキナーゼが動原体の近くから染色体腕部近傍に移動することにより、コンデンシンによる適時的な染色体凝縮を実現していることが明らかになりました。

本GCOEプログラム事業推進担当者
分子細胞生物学研究所教授 渡邊嘉典